純系名古屋コーチン

名古屋コーチンは、正式な品種名は名古屋種といいます。

明治維新で禄を失った元尾張藩士の海部壮平・正秀兄弟が、産卵数も少ない地鶏を九斤と交配させて品種改良が行われたのが発端です。

その後、正秀は同志と養鶏場を設け、更に洋種鶏を飼育して改良を図りました。やがて、士族仲間が、改良された「薄毛」を京都大阪で広めて、同地方の先駆者となり、明治30年頃にはいつの間にやら「名古屋コーチン」と呼ばれるようになったといいます。

正式には、明治38年に日本家禽協会が品種として公認し、大正8年には名古屋種と改名され、現在に至っています。

【料理は】
いま名古屋でおいしい名古屋コーチンの料理はどこで味わうことが出来るでしょうか。
個人的には、秘伝の味噌で「コーチン鍋」が頂けるお店がお薦めなんですが……。

 鳥銀本店
 宮鍵
 鳥久
 つかさ
 鳥開
など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。