三河一色のうなぎ

鰻の産地といえば愛知県は三河一色のうなぎです。
以前の最盛期に比べれ、台湾はじめ中国などで養殖されたものが輸入されていますが、食品の安全性が叫ばれるなかで、見直しが進むことを産地元では期待しているのでないだろうか。

うなぎ割烹「一愼」三河一色産 鰻の串蒲焼送料無料(代金引換不可)うなぎ割烹「一愼」三河一色産 鰻の串蒲焼送料無料(代金引換不可)
販売元 : アミューズショップ
価格 :
うなぎ割烹「一愼」三河一色産 鰻の串蒲焼送料無料(代金引換不可)
>>Seesaa ショッピングで買う
ところで、名古屋以南と関東では「うなぎの調理法」が違うといいます。
思い出すのは東京でのことですが、名古屋出身の小生は大学入学早々、安めの「うなぎ屋」に足を運んだときのことです。そこで食した「うなぎ」の味は、あぶらが落とされて、何やら妙に柔らかいのに驚いたことです。

もちろん、そんな調理法があることすら知らなかったんですから。その意味では、何でも両方比べておくことが大切です。

下は、東京の老舗がうなぎを調理したもの。
あなたは、どちらがお好みでしょうか。
きよみず名物 鰻棒寿司きよみず名物 鰻棒寿司
販売元 : 特選 きよみずの味
価格 :
きよみず名物 鰻の棒寿司です。
蒲焼した鰻一本でシャリを包んで
棒寿司にしました。お好みの大きさに
カットして召し上がってく..
>>Seesaa ショッピングで買う
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53308687
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。