両口屋是清

両口屋という名前を聞いたことはありませんか。
正式には両口屋是清というようですが、寛永11年 (1634年)に創業以来和菓子づくり一筋。

東京に住んでいたときに名古屋を代表するブランド何だと感じたのは、ある方々が愛知県からの来客に頂いて「銘菓詰合」の中に「よも山・旅まくら・志なの路」が入ったものがいいというんです。

その方々は里帰りの折に電車の中で食べたりもするというんで、おやつ代わりにもなってるんです。デパートで売ってますから。私もこの詰合わせは大好きなんですが、確かに上品な甘さとお茶などで頂くときのボリューム感は絶妙な組み合わせですね。

私が初めて知ったのは「千なり」です。最近は頂く機会はありませんが、子どものころは、このボリュームで結構おやつとしてはお腹がふくれた覚えがあります。

「をちこち」「二人静」 は 改まった時に頂くことが多いですね。

最近は日本製品への関心が何かにつけて高まっていますが、いずれも、国際化の中で日本の伝統的味覚として広がるんじゃないでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54283358
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。