名古屋コーチンの肉と玉子

名古屋コーチンのお肉は、ブロイラーと比べ赤身がかっている。
卵は、殻が少しピンク色、黄身の色は濃いのが特徴。

名古屋コーチンとブロイラーの違いは「コク」ということでしょうか。ニワトリ本来の味が味わえます。

しかも、ココのは【こんなの見たことない!】と言わせる210日以上の育成期間を経ています。

※ 極上を味わってみて下さい ※
   ↓↓


【日本三鶏】名古屋コーチン、比内鶏、薩摩シャモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。