モーニングサービスの発祥は広島?

広島市のタカノ橋商店街にある「ルーエぶらじる」

1956年に店の様子を納めた写真に「モーニング」の文字がある事から
日本で初めてモーニングサービスを始めたとされる。

値段は60円で当初のメニューはコーヒーに食パン、目玉焼きつき。

1960年代には愛知県内の喫茶店で開始されており、
地域あたりの喫茶店の数は全国でずば抜けているために、
こうしたサービスを育んだとされている。


今も愛知・岐阜では飲み物の値段とサービスする店が当たり前。

営業する時間帯を全て「モーニング」扱いにする店まであって、

店同志激しい競争に晒されている。

マクドナルドをはじめとするファーストフードでも類似のサービスが見られ、モーニングサービスのニーズが全国的に広がっている。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。