あんかけスパゲティに大手も進出

あんかけスパゲティ?

小倉の入ったソースをスパゲティの上にかける?

いやいや違います。

実は、1960年代に名古屋から中京圏へと広まり、今や独特の食文化として
名古屋名物に数えられている一つのもの。

別名カントリースパゲッティと呼ばれることもあります。


あんかけスパゲッティ発祥として
「スパゲッティハウス ヨコイ」
「スパゲッティハウス そ〜れ」  が名乗っていますが、実は
失礼ながら、どちらが先に考えついたものなのかはわかりません。

この2店はソースも麺も違う風味で、それぞれ美味しいですよ。
その他にも美味しいお店が沢山あります。


ざっと以下に 【調理法】 を説明しておきます。
---------------------------------------------------
炒めた太いスパゲッティを油でさっと炒めます。
あんかけソースは、中華料理の餡のような粘りとコクがあり、
さらに胡椒で辛味のきいたものにしあげます。
最後に、麺にかけてできあがりです。
----------------------------------------------------

元はといえば、ミートソースを名古屋人好みの味に仕立てようという調理に工夫
を重ねている最中にできあがったと言われます。

具の代表格は、ウインナー、タマネギ、ピーマンですが、他にもピカタ/豚肉黄金焼
やエビフライなどもあり、野菜系から魚肉系のものまで幅広く揃っています。

最近はお店ばかりでなく、「スパゲッティハウス ヨコイ」がスーパーマーケットなどでレトルト食品
としてソースを売り出しました。また、発祥のもう一店の「ソーレ」はもちろん、
あんかけスパゲティ各店は工夫をこれしてソースやスパゲティの麺を販売しています。

簡単に全国どこにいても手にはいるようになりましたから、
是非一度味わってみてください。

また、名古屋では喫茶店であんかけスパゲティをメニューに加えているところがあります。

名古屋にお運びの方は、是非一度、気楽に味わってみて下さい
値段も大方は1000円未満で味わうことが出来ます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84095838
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。