名古屋城にも名古屋ものが・・・

最近はとんとご無沙汰していた名古屋城なんですが、
久方ぶりに足を向かわせた。

すると何と、名古屋城内の売店という売店で、
名古屋ものがおいておるじゃありませんか。

先立てデパートでも同じような経験をしたんですが、
こんなに名古屋ものがはやっているとは・・・。

んんん、何というのかみなさん食べるから売れるんでしょうね。
食べなきゃ売れない。

ということは、世の中は名古屋ブームなの、或いは
ほんのちょっとだけが目立っているだけなの。

実際、どちらなのかはっきりしないまま。
でも、名古屋城には非常に多くの外国人がいたし、
ブログなんかを見ても意外に名古屋城に県外の人が
訪れているんですよね。

名古屋の人はあまり生きませんよね。
というか、10年以上も足を運ばなかったこともありますよ。

いや20年以上かな。
これを考えると、私たちが海外に行って意外に知人にあったりする。

外国に出る日本人のツアーがみんな同じところに行くのと
同じで、名古屋はほかにピンと来るものがないから
名古屋城にみなさん寄るのかしらね。

疑問はさておき、名古屋城での出来事でしたが、
本丸御殿の再建も計画されています。

是非実現して、名古屋城がもっと文化的にも工法上価値のある
建物ができるといいなあと思いますね。

まさか今時の近代的なコンクリートなんかでは
つくりませんでしょうから・・・。

レニエ

名古屋市西区五才美町の「レニエ」、
評判が評判を呼んで北区や名古屋駅にも出店。


今となってはいさいさ込みすぎてけんそうになったかな〜ぁ?
といって昔の趣を懐かしむ人も・・。

今では本店も拡張。喫茶も隣に広げたりして、
若い人の輪が更に広がっている。

インターネットからのお取り寄せスイーツも楽しめる、
私の超オススメです!

【住所】名古屋市西区五才美町18−2
【電話】052(502)0288
【営業時間】AM 9:30 〜 PM 20:30
       日祝は20:00迄

鬼まんじゅう

070913_1657~01.gifホームページで捜し物をしていたら、「全日本鬼まんじゅう普及協議会」なるもののホームページにぶち当たりました。

「全く私個人の趣味によるものです。」とはありますが・・・。

誰にとっても昔は「鬼まんじゅう」は子供の頃から馴染んだおやつでしたよね。名古屋人には・・。

ところが、鬼まんじゅうがローカルフードだっていうんです。



→まだ続きます

両口屋是清

両口屋という名前を聞いたことはありませんか。
正式には両口屋是清というようですが、寛永11年 (1634年)に創業以来和菓子づくり一筋。

東京に住んでいたときに名古屋を代表するブランド何だと感じたのは、ある方々が愛知県からの来客に頂いて「銘菓詰合」の中に「よも山・旅まくら・志なの路」が入ったものがいいというんです。

その方々は里帰りの折に電車の中で食べたりもするというんで、おやつ代わりにもなってるんです。デパートで売ってますから。→まだ続きます

名古屋フランス

「名古屋フランス」って、ちょっと変わった名前ですね。いまや社号にもなっているみたいですが、風変わりな名古屋名物ですね。

ちょっと変わったものっていうのは、こぶりな中にも甘さともっちりかんが合わさった、和菓子とも洋菓子とも言い難い、まさに名古屋の風変わりで美味しいお土産として最適なんではないでしょうか。

大きなデパートでは買えないようですが、JR名古屋駅コンコースの3カ所ほどの売店にあります。いますぐ食べてみたいという方は、名古屋駅での販売窓口でもある東海道おみやげ道中 by Kioskを押して頂ければ手に入ります。

ここは、他にも「海老チョコ」というのも出していてます。小ぶりの海老菓子にチョコがかけてあるため夏は、持ち歩く間に柔らかめになっちゃいました。
お店の人の話では、最近売れているんだといってました。

でも、名古屋フランスがこの海老チョコも出してることを販売員の人は知りませんでした。ご自分でチェックしておいて下さいね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。